Collaboration Energizer | #混ぜなきゃ危険 | 八木橋パチ

コラボレーション・エナジャイザーとは、コラボレーションの場を作り、場のエネルギーを高め、何かが生みだされることを支援する人

自然じゃなくて、いぶきやゆらぎだった。

自然が好きだと思っていたけど、違った。

最近、友人たちに続けざまにこの話をしていて、昨日もすごく恋しい気持ちが募ったので書いておく。

おれは自然が好きだと思っていたけど、違った。
川っぺりを散歩していぶきだったりゆらぎだったりを感じるのが大好きだったってこと。

 

半年ほど前に引っ越しをしました。引っ越そうと思った理由は、マンションに大がかりな外装工事が入る予定だったから。それにすでに、近隣の騒音にも嫌気がさしてきていたから。

引越し先の条件は、まずは騒音リスクが最も低い「最上階角部屋」。それから、自然を味わえそうなところ。

そんな条件で5部屋くらい見に行き、「ここ」って決めたのが今住んでいるところ。一番の理由は大きな大きなベランダと窓。そして5階なのにドーンと目の前に聳え立つヒマラヤ杉。

「ふと外を見ればヒマラヤ杉がドーンと目に飛び込んでくるなんて、家にいても自然を感じられていいじゃんいいじゃん! それにべランピングやってみたかったんだよねー。春が待ち遠しいな」ってな感じで決めました。

 

ところがですね。最初の2カ月くらいで気づいたんですけど、窓から見える景色って、大して変化しないんですよ…。もちろん、よーく見れば日に日に間違い探しの上級編的に変化はしているのでしょう。その証拠に、2週間とか1カ月とかの単位で見ると、変化しているのが分かります。

ただ、川っぺりのように、そこにくる鳥が昨日と違っていたり、咲いている花の数が昨日よリグッと増えていたりっていう、日々の変化をまったく感じないんです。昨日と今日と明日が同じ感じ。

さらに、時期になると魚が大量発生したり、繁殖期になって鵜や鴎の顔がガラッと変わったり、ツバメの親が子どもに飛びかたをコーチしてたり、夏の夕暮れにこおろぎがワサワサと飛んでいたりっていう、ダイナミックな季節の変化も川っぺりを散歩しているときは感じられたんです。

ちょくちょくサンドイッチを買ったりカップスープとお湯を持っていったりして、30分くらい川をずーっと眺めたりしたけど、まったく飽きなかった。なんならもっと長くゆらぎを感じていたかったし、草と虫と魚と鳥とあの猫やこの猫やその猫のいぶきを味わっていたかった。

ベランダで、ヒマラヤ杉を見てても、3分で飽きちゃうんだよ…(鳥たちがくる時間は別)。

 

また命を感じられる川っぺり近くで暮らしたいな。引越し考えちゃうな…。とは言え、まだ1年も経ってないからもう少し様子を見るけどね。

まったく同じ川っペリに戻るのもなんだかなぁ。せっかくなら、新しい出会いも欲しいし。

岸本聡子さんが区長になった杉並区あたりを流れている善福寺川周辺とか? まだ一度も行ったことないけどね。あるいは思い切って京都鴨川とか??

コミュニティと #混ぜなきゃ危険

かなり久しぶりにコミュニティについて語る、いや語り合う機会をいただきまして、今日はこれから「コミュニティと #混ぜなきゃ危険」というタイトルで45分ほどのセッションをやらせていただくことになりました。

 

 

…実はおれ、コミュニティに対して複雑な思いを抱いています…。

社内オンライン・コミュニティのコミュニティ・マネージャーを約10年間IBMでやり、結果、十分な結果を残すことができず、オンライン・コミュニティ事業はIBMからHCL Technologiesという会社に売却されてしまいました。

何を「十分な結果」とするのか、何ができてできなかったのか…この辺りはいろんな見方ができると思うのですが、はっきりしているのは、おれにとっては大きな挫折経験であったといういうことです。

でも同時に、たくさんの大小さまざまな成功体験と失敗、実験と試行錯誤、マクロな視点とボトムアップの取り組みが詰まった10年間であったなぁと思うのです…。

 

で、これから何を語り合いたいかというと「ビジネスにおけるコミュニティーの価値」と「私たちはそれを本当に求めているのだろうか?」ということです。

実際にどんな話になるかは分からないのですが、今後いろいろな方とこうした話をしていきたいので、ここに資料をアップしておきます。気になるものがあればぜひコメントやご連絡をください。

 

自己紹介です。

 

こちらは左がSlideShareです。これまでに公開しているプレゼン資料を見ると、やっぱり多くがコミュニティに関して、とりわけ社内コミュニティだなぁと。

そして右側は、コラボレーション・エナジャイザーとしての現在のIBMでの活動の中心となっている部分です。社内外の人や組織のつながりを、ライター・エディターとして支援しています。


今回、こうした機会をいただいて昔の資料を見直してみたんだけど、上の2015年の資料を作った頃から、基本的な考え方がほとんど変わっていないことを改めて実感しました。

会社はコミュニティーだし、そのコミュニティーを大事なものとして捉えているのであれば、消費者としてだけではなくどうすれば供給者の役割も担えるかを考えた方がよい。

コミュニティー(Community 共同体)とコモンズ(Commons 共有地、共有物)って、両方とも語源は「Communis 贈り物を交換する。義務をともに果たす。」って同じ言葉なんですよね。

 

 

Happy Collaboration!

 

死と暴力と宗教と政党歴史(ぱちはらダイアログ#51「民主主義と日本」前の覚え書き)

もやもやとした気持ちにはなるが、〈どうだったか〉よりも〈どう語られるか〉のほうが強力なのは、言葉のプロのはしくれとして知っているつもりだ。社会はそうやって作られていく。

そして〈どう語られるか〉以上に自分自身に大きく作用するのが、〈どう語るか〉だ。記憶や思考の枠を司るのは、自分の中にいる語り部のその語り口だ。

  • 暴力
  • 宗教
  • 政党歴史

 

死、暴力、宗教、憎悪、金、武器、政党歴史…。

選挙の話をしようとするだけで、今回はこれだけのものがほぼセットでついてくるわけで、普通に考えて多くの人が公の場で語りたがらないのは不思議じゃない。というか、語る人というのは何らかの事情がある人なのだろうと思う。

続きを読む

不機嫌の考察

  • 「不機嫌であること」と「不機嫌を表すこと」はまったく異なることである。
  •  自分が不機嫌であることを他者に提示するのは、多くの場合「甘え」である。
  •  甘えを表せる相手は貴重であり、大切にせねばならない。

「不機嫌であること」と「不機嫌を表すこと」はまったく異なることである。

数日前に実にどうでもいいことがあり、それに対し「不機嫌であることを一生懸命アピールする自分」を発見して、我ながらちょっと呆然としてしまった。

一体これまで、「どれだけ自分が甘えてきたのか」に気づいていなかったことに。そしてその機会がありがたいものだということを理解していなかったことに。

続きを読む

ウェルビーイングとジャーナリズムとLGBTQアライ | #混ぜなきゃ危険 @WORK MILLのふり返り

WORK MILLでの連載も15回目を超えました。読んでいただいている方、ありがとうございます。まだ読んだことない方やしばらくご無沙汰な方、直近の3つを振り返ってみますので興味を惹かれるものがあったらぜひ試しに読んでみてください。

続きを読む

SDGs’ Dos おれ版

前に「Dosの解説はまた今度!」と書きました。

 

今回はその解説を。

  • 9. 健康と幸せを最優先する
  • 8. 人間らしさを忘れない
  • 5. SDGsの17(169)の中で興味があるものを見つける
  • 6. SDGsの17(169)のどれかにパーソナル・コミットする
  • 7. コミット内容を周囲に伝える
続きを読む

ぱちはらダイアログ46〜50

ちょっとここ半年ほど開催ペースが落ちていますが、まだまだ続きますよぱちはらダイアログ!

というわけで、七夕の夜に第50回を開催しました。そしてまず、ここ最近の5回にゲストとしてきていただいた皆さま、ありがとうございました!

岡安夏来さん
伊藤真愛美さん
西村真里子さん
広瀬大海さん
別木萌果さん
Kimikaさん & 富山恵梨香さん & 宮木志穂さん

 

  • ぱちはらダイアログ vol.46 「民主主義 x デンマークに暮してみて働いてみて」ゲスト 岡安 夏来さん (Tokyo apartment store、元 nordgreen 日本担当)
  • ぱちはらダイアログ vol.47 「民主主義とコスメ」ゲスト 伊藤真愛美さん FICC, inc. プロデューサー
  • ぱちはらダイアログ vol.48「民主主義とWeb3」ゲスト:西村真里子さん HEART CATCH 代表取締役
  • ぱちはらダイアログ vol.49 「民主主義と積極財政」ゲスト 広瀬大海さん 佐渡市会議員
  • ぱちはらダイアログ vol.50 「民主主義とIDEAS FOR 参議院選挙」ゲスト Kimikaさん & 富山恵梨香さん & 宮木志穂さん from IDEAS FOR GOOD

 

続きを読む

人的負債と印象操作(『心理的安全性とアジャイル』読書メモ)

恐れのない組織』で「心理的安全性」という言葉と概念を広く世に知らしめしたエイミー・C・エドモントン氏が序文を書いている本ということで『心理的安全性とアジャイル 「人間中心」を貫きパフォーマンスを最大化するデジタル時代のチームマネジメント』を買ったのですが、うーん、おれにはちょっと…。

まさにそのエイミー氏が、序文に『この本は驚異的なスピードで書かれたように私には見える』と書かれていまして、この言葉をもっとしっかりと受け止めるべきだったなぁ。

とはいうものの、「人的負債」と「印象操作」という2つのインパクトの強い言葉についての理解と、そのあたりに関する自分なりの考えをまとめるのには大いに役立ってくれました。

中盤のアジャイルへの強い思い入ればかりがつらつらつらつらと続くところがなければ、もうちょっと違った印象になるんだけどなぁ。

続きを読む

SDGsアップデート

  • ■ はじめに
  • ■(いまさらかも? でも)SDGsのここは知っておきましょう
    • Q: SDGsって誰が作ったの?
    • Q: SDGsの現時点までの経過はどうなっているの?
    • Q: SDGsをしっかり推進できている企業って日本にもあるの?
  • IBMのESGレポート、けっこういいんじゃないかと思っています
  • Dos & Don'ts

 

おれが勤務しているIBMには「今こそ聞きたいSDGs」という隔週の社内向けシリーズセミナーがあり、毎回、SDGsに関連するテーマのスペシャリスト社員が登壇して40分程度の講義を行なっています。

おれもこれまでに開催された14回のほぼすべてに参加していて、毎回なんらかの新しい学びがあります。


来月、そのシリーズで登壇する側に回ることとなったのですが、はて、おれがスペシャリストとして説明できることって何かあったかなぁ。「IBM社員に役立つSDGs関連のおれのスペシャリティってなんだろう?」と考えてみたところ…うーんなかなか難しい。それってやっぱり「IBM社員らしくないSDGsの受け止め方」なのかなぁと。

そうだとすれば、おれが自然に最近の「SDGs関連で学んだことやこれは知っておいた方がいいなと思ったこと」を並べていけば、案外「今こそ聞きたいSDGs」になったりするんじゃないかしら? ということで、ここ2〜3カ月で学んだことや気になっていることを中心に話すことにしました。

今回はその準備をここにまとめておきます。

 

なお、1年ほど前に「日本のビジネスパーソン向けSDGs最新動向 | 15分版偏りあり」という記事も書いています。ご参考まで。

続きを読む

センシングとインサイト | フューチャーズ・デザイン with Bespoke

僕たちがスキャンカードをまとめあげるときには、「論理的」と「直感的」 という異なる2つのマインドセットを同時に用います。

論理的マインドセットは、機械的であり、ロジカルに特徴や違いによりグルーピングしていきます

直感的マインドセットは、より本能的に興味を惹きつけるパターンを見出すものです。
「抽象的だな」と思われるかもしれませんが、この論理と直感の2つのマインドを両方とも用いることが実際にとても効果的であると、多数のプロジェクトで示されているのです。

 

それぞれのクラスターの定義の仕方ですが、なによりも重要なのはその基準がチームメンバー間で同意されていることです。その定義が共有された上でグルーピングされていなければなりません。そして各グループに見出しを付けます。

続きを読む

スキャンカードとセンシング | フューチャーズ・デザイン with Bespoke

今回はフューチャーズデザインで用いるスキャンカードについて、それから、シグナルの集合体から意味を感知するセンス(Sense)について説明します。

 

スキャンカードとは、シグナルのフォーマットであり、それぞれのリサーチ結果を集め、保存し、同じフォーマットにして共有します。

シグナルを同じフォーマットで共通の形式とすることで、情報源が本であろうとインタビューだろうと、まったく異なる形で集められたものであっても、シェアや共同作業をスムーズに進めることができます。従ってチームによるクリエイティブな作業が行いやすく、イノベーティブなものを作り出しやすくする効果があります。

 

スキャンカードはいくつかの異なる構成要素により作られています。以下それぞれの項目を埋めていきます。

続きを読む

シグナルのスキャンとリサーチ | フューチャーズ・デザイン with Bespoke

ここでは、Searchフェーズの中核となる、シグナルのスキャンについて説明します。

スキャンはトピックに関係する変化のシグナルを探すものです。僕らのスキャニング方法は、広く包括的な「水平線型スキャニング」というテクニックで、戦略的未来洞察に用いられるものです。

フランスの小説家マルセル・プルーストの言葉が、なぜそれが重要なのかを端的に表しています。

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。

メガネを変えることで、世界の見え方が変わるのです。政治のメガネを通してみれば、景色は政治を帯びて見えてきます。

続きを読む